ホットクレンジング

ビフェスタのクレンジングバームホットタイプの実力検証&口コミ

更新日:

最近、肌をじんわり温めてくれるホットクレンジングの魅力に取り憑かれた私です。ちょっと調べてみますと今は様々なホットクレンジングが出ているようですね!ホットクレンジングの良さは温めて肌をやわらかくしながら汚れを綺麗に落としてくれる所や温かさを感じる事で癒やしの効果もあります。

今回使ってみる事になったビフェスタのクレンジングバームホットタイプは実際どうなのか?使用感やユーザーの口コミなどを検証していきたいと思います♪

ビフェスタのクレンジングバームホットタイプの口コミと評判を調べてみた!

正式名称である「クレンジングバームホットタイプ」なんて最初に聞いてしまうと、ちょっと商品名が長めだし何のこっちゃっ?!と一瞬思ってしまいそうになりますが、要するに「バームタイプのホットクレンジング」という事ですよ。以下、簡単&分かりやすく「ビフェスタのホットクレンジング」と表記させていただきますねっ♪

私が検証する前に、他の人の口コミと評判はどんな感じなのでしょうか?実際に使ってみる前に他の人の口コミはとっても参考になりますよね。まず既に使ってみた皆さんの口コミを分析してみたいと思います。ヽ(=´▽`=)ノ

ビフェスタのホットクレンジングの良い口コミと評判

  • 化粧も落としてくれるので手間いらず
  • つっぱらない
  • 香りが優しく癒される
  • トロッとしてほんわか温かく、気持ちが良い

※集めた口コミや評判は要約しています。

ビフェスタのホットクレンジングの悪い口コミと評判

  • 特に冬場は固くなり出しにくくなる
  • 固くて伸びが悪い
  • 乾いた手で使わないとダメなので風呂場で使いにくい
  • 化粧が落ちにくい

※集めた口コミや評判は要約しています。

バームタイプはテクスチャーがかなり固い!?

良い口コミで多かったなと感じた口コミは、化粧を落としてくれるクレンジングなので「時短になって手間がいらない」という口コミでしたね。また、香りも良いので使っていて毎日心地が良さそうですよ。(^^)

対して悪い口コミで多かったのは、「出しにくい」という口コミがかなり多かったです。口コミでほとんどの方が同様のことを言っているように見受けられました。…うーん、

「どんだけ固いんだっ!?」

正直これがなんだか一番気になってしまいましたね。それだけ口コミで多かったという事なのですよねぇ。(-_-;)ではでは、早速どんだけ固いのか……いやいや基。どのような商品なのかを実際に使っていきたいと思います。ヽ(`▽´)/

これがビフェスタのホットクレンジングだっ!

はい。上記の写真がビフェスタのホットクレンジングになりますよっ。おぉ…美容液80%も入っているんですねっ!価格はホットクレンジングの中でも低価格の方でAmazonなんかでは約800円前後で手に入るようです!…うん。思う存分使えそうな価格設定は魅力的デス☆

シールを取るとこんな感じ。ピンク系の色を使ったチューブが華やかで鮮やか♪見た目が素敵で女性でしたら思わず手にとってしまうような商品ですよね。

最初に持った瞬間は結構ズッシリと重みがあるな…というのが第一印象でした。それって中身がバームだからなのでしょうか?

裏面です。使用方法や注意事項、成分等が記載されています。

まぁ…だいたいチューブタイプのクレンジングですと、裏面を確認すれば使い方や特徴等を把握できますね。(^^)

ビフェスタのホットクレンジングの使い方

  1. 乾いた手に、適量(さくらんぼ大)を取り、顔全体に広げます。
  2. やさしくマッサージしながらメイクとなじませます。小鼻の回りや頬など気になる部分は、円を描くように30秒~1分間ていねいにマッサージしてください。
  3. メイクが浮き上がったら十分に水やぬるま湯ですすぎます。
  4. 温感バームがメイクや毛穴の奥の汚れをすっきり落とし、しっとりなめらか美肌に洗い上げます。

ポイントは、使用量の目安が「さくらんぼ大」!

ビフェスタのホットクレンジングの全成分

グリセリン、DPG、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、ステアリン酸グリセリル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シア脂、トリベヘニン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、オレンジ油、エトキシジグリコール、水、カルボマー、水酸化K

ビフェスタのホットクレンジングの特徴

じんわりと肌を温めながら毛穴につまった汚れを浮き上がらせ、とろけるバームがしっかりメイクや皮脂の汚れに肌になじみながら綺麗に落としてくれます。贅沢に美容成分80%配合されているので、肌のうるおいを守りながらつっぱり感もなくなめらかな美肌へとしてくれます。バームをよく温めて肌をゆっくりマッサージする事で血行が促進され更に美肌へと導きます。ダブル洗顔不要なので時短でき、洗い流すタイプです。無香料・無着色・防腐剤フリーで敏感肌の方でも使い安いクレンジング剤です。

  • 吸着性ヒアルロン酸(保湿)配合

  • 皮脂溶解成分配合

  • 天然オレンジオイル(保湿)配合

無香料・無着色・防腐剤フリーなので敏感肌でも使いやすい

ビフェスタのホットクレンジングを手に出してみた

ゔ。やっぱりこのチューブは持った瞬間ズッシリと重い。そして本日は全く寒くない日だというのに、とっても出しにくいぞっ!…うーむ。これは力を結構いれてチューブを押す必要がありますねぇ。(´・ω・`)

悪い口コミにあった「固くて出しにくいとはこの事か」…と改めて認識させていただきましたっ。これは尚更、冬場は出しにくいですよね?下手すりゃ片手で簡単に出せないかもしれません。

見てください。ピーン!…って、冬じゃなくてもツノがこんなに立ちましたよ。^^;触った感じもかなりしっかりしています。こ…これがバームタイプなのね?

ビフェスタのホットクレンジングは化粧が綺麗に落ちるのか実力検証!

W洗顔いらずという事ですが、だからといって必ずしも綺麗に化粧が落ちるとは限りませんよね。化粧落としの実力はどんな感じなのでしょうか?私が持っているマスカラ&口紅で簡単に検証してみました。

マスカラで検証

ぐりぐりぐり…とかなり濃く塗ってみました。

バームをくるくる塗ってみましたが、おっ?意外と落ちている気がする…。バームでよくマスカラが溶けているような感じがしました。

私が予想していたよりも綺麗に落ちました。どうでしょう?黒っぽい感じも全く見えませんよね?

口紅で検証

今度は口紅をぐりぐりぐり…これでもかっ!?という位塗ってみました。

バームをくるくるよく塗っているうちに、やはり口紅が溶けていってるような気がする…。あんなにぐりぐり塗った口紅が簡単にうっすら透明ピンク色の状態になってしまいました。

見たとおり口紅もちゃんと落ちました。まぁ…よーく見れば、うっすら口紅の残ったピンク色かな?いやいや、くるくる塗った時の摩擦で手の甲が赤くなっただけかな?という位のピンク色は見えますが、ほとんど気になりませんでした。

とりあえず私が持っていた化粧で簡単に検証してみただけですが、同じようなアイテムであれば化粧を綺麗に落とす事が可能だと実感しました。価格を考えると充分なのでは?

バッチリメイクでなければ化粧落としは充分優秀でしょうっ!

毛穴の汚れにビフェスタのホットクレンジングで対策可能?

普段の肌の汚れ、特に毛穴の中の黒ずんだ汚れは綺麗に落ちるのだろうか?…という事は気になる所。これに関してはよくバームを温めて溶かしながら使えば肌の凹凸にも対応し毛穴までバームが入ってくるようなイメージでした。

くるくると指をより一層ゆっくり動かす事により、毛穴の中の汚れをどんどん浮かせまるで溶かしてくれるようなイメージで使うとベストかもしれませんね!毛穴も充分綺麗になり対策可能だと思いました。

毛穴の汚れは特にバームをよく温め溶かすようなイメージで使うと◯

ビフェスタのホットクレンジングはマツエクも大丈夫なの?

私はマツエクをしていないのであまり気にしてないんですが、クレンジング剤を選ぶ時にマツエクしていても大丈夫なのかな?…と、今は気になる人も結構多いみたいですよね?…はて。この商品は一体どうなのでしょうか。

↑チューブの裏面をよーく拡大してみました。

まつげエクステはクレンジング中の成分や摩擦等で取れる場合がありますのでご注意ください

とありました。…うーん。エクステ中は使うな!とは決して書いているワケではありませんが、どうもお勧めできるという内容ではないみたいですねぇ。

口コミも色々見て回ってみたけど、エクステして使っているという人の口コミはあまり見かける事ができませんでしたっ。^^;…という事でまつげエクステをしている方にはあまりお勧めできないようです。残念。(・ัω・ั)

【まとめ】ビフェスタのホットクレンジングを使ってみた感想

香りは無香料と記載されてますが、ほのか〜に柑橘系の香りがしました。成分表を見ると「オレンジ油」とあるので、多分、そのオレンジの香りを感じるのかもしれません。良い香りなのでほとんどの方は香りを嫌がる人はいないのではないのでしょうか。無香料・無着色・防腐剤フリーという所は比較的安心な所が伺えます♪

ズッシリと思いバームタイプのクレンジング剤で、チューブから出すには寒くなくても固くで出しにくかったです。寒い所での出しにくさを想像すると冬場はあまり使いたくない気はしました。…ごめんなさい。^^;

冬場なんかは特にチューブをまず手でよく温めてから使用する必要があるかもしれません。それと風呂場で一応使える事になっていますが、手が乾いた状態で使用する必要があるので、まず風呂場に入ったら最初に顔を洗う事が必須ですね。その辺、ちょっと面倒臭さは感じてしまいました。

固めのテクスチャーなので、肌につける時に手でよぉーく温めてからゆっくりとくるくる伸ばしていった方が良いと思いました。とにかく温める事でバームがどんどん肌に馴染んでいくのを感じますし、マッサージをしながら塗れば心地もとても良いですよっ♪また、ホットクレンジングなので、肌へ馴染ませているとじんわ〜りとほのかに温かくなるのもgoodでした。でも、あまり気になる程の温かさではないので、夏場では不快なく使えますね。

悪い口コミには「化粧が落ちにくい」とありましたが、これは固めのバームをよく温めて使わなかったせいではないのかな?と後から私は気づきました。私がこの商品を使った時は、手でよくテクスチャーを温めてからくるくる肌にマッサージをするように使った為、化粧があまり落ちにくいという感じはしませんでした。ただ…正直いうと、冬場はバームを温める事にかなり苦労はしそうです。その辺がちょっと残念かなぁ?^^;しかし温めて使う事ができれば、化粧も毛穴の汚れもとてもよく落ちると思ったので、低価格である事を考えればとても使えるアイテムだと思いました。

結論…

テクスチャーを手でよく温めて溶かしながら、ゆっくりくるくる伸ばして使う事を強くお勧めいたします。そうすれば、かなり使えるアイテムでしょう!

以上。ちょびっとでも参考になれば嬉しいです。(^^)

-ホットクレンジング

Copyright© GINLOG , 2018 AllRights Reserved.