黒ずみ

二の腕のブツブツはどうなる?薬用アットベリーの口コミと評価まとめ

更新日:

繰り返し行ったカミソリでのムダ毛処理や、紫外線を浴びたことで出来てしまった二の腕のブツブツ

ボディクリームや保湿ローションでケアをしてみたけれど、良くなるどころか年々症状が悪化してしまいました。

これまでは冬場にブツブツが出ることが多かったのですが、最近は春や夏でも肌荒れをするようになってしまって…。

「このまま放置するとシミなるかもしれない!」そう考えた私は色々な商品の口コミをネットで検索し、ある素敵な商品と巡り会いました。

それがこちらの「薬用アットベリー」です。

こちらの商品は気になる部分に塗るだけで、黒ずみやブツブツなどの症状を緩和してくれる商品です。「美ワキケア」がキャッチコピーですが、二の腕にも使える商品でしたので14日間レビューをしてみることにしました!

今回は、

  • 薬用アットベリーのネットでの口コミ
  • 薬用アットベリーの商品説明
  • 実際に14日間使ってみたレビュー(写真付き)
  • 使ってみた感想や実感した効果
  • 薬用アットベリーがおすすめの人

これらの項目を中心に、薬用アットベリーについて徹底的に調査をしています。

二の腕だけに関わらず、どこか1箇所でも黒ずみやブツブツが出来ていて困っているという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

薬用アットベリー公式サイトはこちら

薬用アットベリーのネットでの口コミや評判を徹底調査!

実際に購入する前に、ネットの口コミは徹底的に調査をしました。なぜなら、実際に使った人の口コミから、効果があるのかないのかがだいたい分かるからです。

もちろん口コミが100%信頼できるというわけではありませんが、ざっくりと見極めることはできます。

とは言っても、自分でたくさんのサイトを調査するのは面倒に感じる人もいるでしょう。そこで私が調査した内容を簡単にまとめましたので、損をしないためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

薬用アットベリーの良い口コミ

  • 1週間ぐらいで二の腕のブツブツが減ってきた
  • ヒリヒリ感がなくて肌に優しい
  • 2〜3ヶ月ぐらいで徐々に黒ずみが薄くなり、5ヶ月でキレイになった
  • 伸びが良くてスッと馴染んでいく
  • においは気にならないのでそのまま出かけても大丈夫
  • しっかり保湿してくれる
  • 半年ぐらいで黒ずみがなくなった

薬用アットベリーの悪い口コミ

  • 価格が少し高め
  • Vラインは黒ずみが薄くなったように感じない
  • 夜だけにしたら効果を感じられなかった

薬用アットベリーは朝晩使用すれば2週間ぐらいで効果が出る可能性が高い!?

今回はAmazonと楽天市場、Yahoo!ショッピング、アットコスメから口コミを調査しました。

まず良い口コミからですが、多くの人が2週間ぐらいで効果を感じはじめ、3ヶ月ぐらいから黒ずみが緩和されてきたと答えていました。特に二の腕のブツブツに関しては早い人だと1週間で効果を実感しています。

また、肌馴染みが良く、ヒリヒリ感もないようなので、敏感肌の人でも安心して使える商品だと言えるでしょう。

悪い口コミに関してですが、「価格が高い」と感じている人が多い印象を受けました。定価が5,000円以上なので、確かに普通のボディクリームと比べると価格は高めです。

価格については後ほどお得な情報をご紹介しますので、よろしければそちらをご覧ください。

Vラインについては自分で確認がしずらい部位なので、黒ずみが薄くなっていても分かりにくいでしょう。

夜しか使用しなかったとの口コミに関しては、公式サイトで推奨されている使い方が朝晩の2回なので、効果が実感できなくても仕方ないのでは、と感じます。

薬用アットベリーってどんな商品?有効成分は?

それでは次に、薬用アットベリーの商品紹介をしていきます。スキンケア用品は、どんな有効成分が含まれているかが効果に関わってきますので、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

また、その他の成分についても記載しておきましたので、アレルギーがある人は念のためチェックをしておいてくださいね。

特徴

薬用アットベリーは、クリーム状ではなくジェル状の黒ずみ&においケア商品です。肌のブツブツにも効果が期待でき、継続して使用することでワキや二の腕をキレイにする手助けをしてくれます。

ムダ毛の自己処理や衣服の摩擦、乾燥になどによってダメージを受けた肌を、内側と外側からケアし、さらにベールをかぶせることによって、肌のバリア機能を回復させていくのです。

中と外からアプローチする商品はたくさんありますがさらにペールをかぶせる、3つの視点からアプローチできる商品はなかなかありません。独自の方法で美肌を目指してくところが、たくさんの人に愛用されている理由の一つでしょう。

有効成分

薬用アットベリーの有効成分は、「グリチルリチン酸ジカリウム」「水溶性プラセンタエキス」の2種類です。

肌のバリア機能を回復させるには、肌を健康な状態にし、さらにその状態をキープさせなければなりません。その手助けをしてくれるのが「グリチルリチン酸ジカリウム」なのですが、アットベリーにもたっぷり配合されています。

そして、黒ずんでしまった肌を白くしたり黒ずませないためには、メラニン色素が肌に止まるのを阻止しなければなりません。その手助けをしてくれるのが「水溶性プラセンタ」なのです。

肌を健康を保ち、メラニン色素の排出を促すことで、薬用アットベリーは黒ずみとブツブツのケアに効果を発揮します。

その他にも、「甘草フラボノイド」「トウキエキス」「エイジツエキス」など消炎作用や抗炎症作用がある成分もはいごうされているため、においにも効果が期待できるというわけです。

その他の成分

トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸 Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

薬用アットベリーの使い方と使える部位をご紹介!脇は使用OK?

薬用アットベリーは、「ワキ・二の腕の黒ずみ対策に」と公式サイトに記載されていますが、その他にも使用できる部位はたくさんありますのでご紹介していきます。

また、使い方によってはちゃんとした効果が得られない可能性があるということが口コミから分かりましたので、効果的な使い方についても説明しますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

使用可能部位

薬用アットベリー公式サイトに記載されている使用可能部位は下記のとおりです。

部位一覧

脇、二の腕、ひじ、ひざ、お尻、Vラインなどのデリケートな部位、顔、目元、手首、くるぶし、バストトップ

薬用アットベリーはVラインやIラインなどのデリケートゾーンにも使えるように、無添加・低刺激で作られています。

また、口コミでは「脇に使用できるの?」という疑問を何度か見かけましたが、上に記載してあるとおりもちろん脇の使用もOKです。

さらに、顔への使用についてが記載されていない商品が多いなかで、薬用アットベリーはオールインワンジェルとしても使用できると記載されているので、1つで何役もこなせるスキンケア用品と言えるでしょう。

ただし、

  • 肌に異常が出たらすぐに使用を中止する
  • 妊娠中や授乳中は医師に相談してから使用する

この2つの点にだけは注意しましょう。低刺激な商品ですが、肌質は人によって違うので誰の肌に合うわけではありません。

妊娠中や授乳中も肌がいつもよりデリケートになっている可能性があるので、必ず産婦人科の先生に相談してから使用しましょう。

効果的な使い方

薬用アットベリーは、ササッと肌に塗るだけでも効果を得られますが、日中の刺激から肌を守りたいのなら、公式サイトで推奨されている下記の使い方を参考にするのがおすすめです。

朝のケア

  • アットベリー を適量取り、優しく塗り込む。

こちらは朝のケア方法です。ポイントは「手のひらの体温を使う」という点になります。そのまま使うとジェルは冷たいのですが、人肌程度に温めることで肌へ浸透しやすくなるのでおすすめです。

夜のケア

  • 入浴後に適量、手で優しく塗る。

2回目のケアはお風呂上がりです。しっかりと汚れを落としてから塗り込むことで、肌が健康になり、みずみずしさがアップします。肌が乾燥する前に塗ることもポイントなので、お風呂から上がったらすぐに塗りはじめましょう。

公式サイトでは「朝8時と夜9時」となっていますが、この時間にケアをしなければならないのではありません。

「朝と夜の2回」薬用アットベリーを使用すればOKなので、使用する時の参考にしてみてくださいね。

そして忘れてはいけないのが、朝晩それぞれ「二度塗り」をするという点です。1回塗ったあと1〜2分置いてからもう一度塗るとより効果的になるので、使用する方はぜひ試してみましょう。

薬用アットベリーを14日間使ってみたレビュー!

それでは早速、薬用アットベリーを14日間試したレビューを写真付きでご紹介していきます。今回のレビュー方法は下記のとおりです。

レビュー方法

  • 試用期間:14日間
  • 使用部位:二の腕(左右)
  • 使用回数:朝と晩の1日2回(二度塗り)
  • 塗り方:公式サイトの方法

※朝晩の時間は日によってバラバラです。

長年悩まされ続けた二の腕のブツブツは14日間で変化していくのでしょうか?まずは商品が届いたところからレビューしていきます。

こちらが商品の外箱です。リボンのイラストがプリントされていますが、これは薬用アットベリーが「ピンクリボン運動」のオフィシャルサポーターであることが関係しています。

外箱の側面です。簡単な使用方法と注意事項が記載されています。注意事項を守って使うことも、正しい効果を得るためには大切なことなのでしっかり読んでおきましょう。

この面には効果と効能、成分などか記載されています。オールインワンジェルとしても使える商品なので、たくさんの効果・効能があって嬉しく感じますね。

お問い合わせ先はこちらに記載されていますので、届いた商品が不良品だったなど何かあればこの番号に連絡しましょう。

側面にも商品名が記載されています。

外箱のフタを開けると、使用量の目安と使用できる部位が記載されています。使用量がパッと確認できるので便利です。

こちらが箱から出した中身です。白色の本体にゴールドのようなカラーで商品名が書かれています。

本体の裏側には、簡単な注意事項と有効成分が記載されていました。

フタを開けた状態です。フタはくるくると回して開けるタイプで、中蓋はありません。

中身のジェルはこのような感じで、本体の上部までたっぷりと入っています。

手の甲でテクスチャを確認してみました。半透明の白色で、そのままだと少し冷たい感じがします。

指先で20秒ほどすり込ませると、スッと肌に馴染んでいきます。指先でもだんだんとジェルが温かくなったので、手のひらでしっかり伸ばせば人肌程度の温度になるでしょう。

においはフローラル系のいい香りで、キツすぎず優しい感じです。ベタつきが残らないので、このまま服を着ても問題なさそうですね。

商品と一緒にチラシが同封されていました。

ワキや二の腕の黒ずみがなぜ出来るのかについて詳しく書かれています。

こちらのページには、アットベリーの成分や効能についてが書かれています。

アットベリーの塗り方が書かれているので、こちらのページを参考にすると良いです。

裏面には連絡先が書かれているので、何かあった時にすぐ連絡できて便利ですね。

使用前の症状悩み

こちらが使用前の写真です。ブツブツと毛穴が目立っており、ブツブツが治った跡が黒い点として残っています。手で触れるとザラザラの鮫肌状態です。

空気が乾燥している日はかゆみが出て、掻いてしまうと白く粉をふいた状態になってしまいます。使用前の悩みをまとめておきますね。

使用前の悩み

  • ブツブツがひどく鮫肌状態
  • ブツブツが治った跡が黒ずんでいる
  • 乾燥するとカサカサになる

使用直後

こちらが使用直後の写真です。ヒリヒリ感はなく、塗ってしばらく放置してもかゆみなどの症状は出ませんでした。

肌に潤いがプラスされた感じで、使用前よりもテカリが出ています。においはフローラル系ですが、両腕に塗ってもキツい感じはなく癒される香りです。

ではこのまま14日間続けていきたいと思います。

7日目

初日よりもブツブツが少し減ってきたのが分かりますでしょうか?使用して3日目ぐらいで、古い角質のようなものがポロポロと落ちてきたのです。

もちろんまだブツブツは残っていますが、以前よりも鮫肌状態が緩和されている気がします。黒ずみについてはあまり変化がないので、根気よく続けていきますね。

14日目

14日前に比べて、二の腕の上の方のブツブツが軽減されてきて、黒ずみや毛穴の開きも少し収まってきました。手のひらで触ると、ブツブツが減っていて肌が滑らかになっているのがよく分かります。

黒ずみはまだ完全に消えてはいませんが、継続すればこれもなくなっていくと期待できるので、このまま使用していくつもりです。

【追記】1ケース使い切きりました!

アットベリーを1ケース使いきりました!

写真ではちょっと分かりにくかったので腕の写真は載せていませんが、塗る前に比べて二の腕のブツブツがかなり軽減され、触り心地が滑らかになりました。

新しいブツブツも以前に比べると5分の1程度の量しかできなくなったので、肌荒れしにくい肌に変化していると言えます。

あとは黒ずみがもう少し消えて欲しいかな、と思うので、アットベリーか別の黒ずみ用品を試してみようと考えているところです。

薬用アットベリーを使ってみた効果はどうだった?

それでは、薬用アットベリーを14日間試してみた感想や効果をまとめていきましょう。

14日間使って感じたこと

  • ブツブツが少しずつ減っていった
  • 古い角質が落ちていった
  • 黒ずみは少し緩和された
  • 感想によるかゆみが軽減された

今までは一年中、二の腕はザラザラとした触り心地で、毛穴によっては赤くなってかゆみが出ることも。

薬用アットベリーを使い始めてからは、3日くらいで古い角質が落ち始め、1週間経つ頃には少しずつブツブツが減っていき、2週間後はかなりブツブツが少なくなりました。

黒ずみはまだ完全になくなるというレベルではないですが、使う前よりは少し薄くなっています。即効性はありませんが、継続して使用していけば黒ずみも緩和されていくと言えるでしょう。

さらに、肌の乾燥も軽減されたので、薬用アットベリーを塗り始めてからは、カサカサと白くなることはありませんでした。普通のボディクリームではここまで潤いがキープできないので、とても素晴らしい結果だと感じています。

薬用アットベリーの効果まとめ

二の腕のブツブツに対しては1週間ぐらいで効果が現れる。黒ずみに関しては即効性はないが、長期的に見れば効果が期待できる。

薬用アットベリーVSピューレパール!買うならどっち?

薬用アットベリーのように、肌のブツブツや黒ずみに効果が期待できる「ピューレパール」という商品があります。

私はピューレパールを持っていて、ワキの黒ずみ用に今も継続して使っているのです。

よく「この2つのうちどっちを買えばいいの?」という話を聞きますので比較してみましょう。

薬用アットベリーとピューレパールはの有効成分は同じですが、その他の成分が違っているので、効果も少し変わってきます。

ですが、2週間使用してみてそこまで大きな違いはないかな?というのが正直な感想です。

あえて比較ポイントをまとめるとすると、

  • ブツブツに即効性があるのは薬用アットベリー
  • 黒ずみに関してはどちらも同じぐらい
  • ピューレパールの方がプッシュ式なので使いやすい

といった感じでしょうか。「こっちの方がだんぜんいい!」と言えるほどの差はないので、それぞれの好みで選んでいただければ良いと思います。

薬用アットベリー市販されている?価格はいくら?

二の腕のブツブツや黒ずみに効果が期待できる薬用アットベリーですが、一体どこで購入できるのでしょうか?

私は公式サイトで定期購入をしましたが、その他の店舗でも購入可能なのかを調べてみました。

薬用アットベリー販売店一覧

  • 公式サイト
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

など

薬用アットベリーはネット通販限定なので、ロフトやドラッグストアなどで市販はされていませんので注意しましょう。

次に価格を見ていきましょう。

薬用アットベリーの販売価格

  • 公式サイト→7,344円
  • Amazon→6,703円
  • 楽天市場→8,424円
  • Yahoo!ショッピング→7,053円

※価格は全て税込、送料別

それぞれのお店の単品価格は上記のとおりです。Amazonが最も安いですが、それより安く購入できる方法があるのでご紹介しましょう。

公式サイトでは毎月先着500人限定で、定期コースが限定価格で入会できます。定期コースの特典こちらです。

薬用アットベリー定期コース特典

  • 初回分が45%オフの3,218円で購入可能
  • 毎月送料が無料
  • 奇数月に1回「フルーツの雫ピール石鹸」プレゼント
  • 2回目以降は20%オフの5,875円
  • 初回180日間返金保証
  • 3回目以降お届け周期・個数変更可能
  • コンシェルジュサポート付き
  • 継続すれば最大40%オフの4,406円で購入可能

なんと、初回分はほぼ半額の価格で購入可能なのです。さらに奇数月に1回、石鹸がプレゼントされるので、他のサイトで単品購入するよりもお得となっています。

お届け周期などの変更は電話で行うことが多いですが、薬用アットベリーの場合は専用のマイページから変更可能です。電話が苦手で極力ネットで済ませたい人には便利でしょう。

「コンシェルジュサポート」とは、薬用アットベリーの使い方が分からなかったり、上手く効果が出なかった時などにスタッフが相談に乗ってくれるサポートのことです。

こちらはマイページからではなく、電話やメールでの相談となりますので注意してくださいね。

安く購入ができ、お得なサービスがたくさん詰まっている定期コースですが、毎月契約できる人数が限られていますので、気になった方は早めに購入するのがおすすめです。

定期コースを解約したい!返金保証はある?

薬用アットベリーを実際使用してみて、肌に合わないこともあります。肌に優しい成分が配合されていますが、肌の質は人によって違うので、全ての人が肌トラブルを起こさずに使える保証はありません。

もし最後まで使用できなくなった時、定期コースの解約や返金保証はあるのでしょうか?表にまとめました。

薬用アットベリーの解約、返金保証について

  • 定期コース以外は返金保証なし
  • 定期コースの初回分のみ180日間の返金保証付き
  • 定期コースの解約は3回目から
  • 定期コースの休止・停止の連絡は次回出荷日の7日前に連絡

定期コース以外は返金保証がなく、定期コースでも2回目以降の分からは保証がついていません。

そのため、定期コースで購入をして、肌に合わなかったらすぐに返品するのがおすすめの方法と言えます。保証期間を逃すと、2個は購入しなければならなくなってしまうので注意しましょう。

薬用アットベリーを解約する時はメールではなく、電話のみとなります。

電話番号:0120-910-162(平日10:00~19:00土日祝休み)

土日はお休で電話しても繋がらないので注意しましょう。

薬用アットベリーがこんな人におすすめ!

薬用アットベリーを使用する前は、二の腕のブツブツにずっと悩まされていました。

だんだんとブツブツ周辺が黒くなってきていたので、ノースリーブを着るのは諦めるしかないのかなと感じていたのですが、今は諦めなくて良かったと思っています。

敏感肌の私でも問題なく使用できましたし、何より1週間と早い期間で効果が感じられたのが嬉しい点です。

薬用アットベリーは、

二の腕のブツブツに悩んでいて、黒ずみも同時にケアをしたい敏感肌の人

におすすめの商品と言えます。もちろん私はこれからも継続して薬用アットベリーを使用していく予定です!

薬用アットベリー公式サイトはこちら

-黒ずみ

Copyright© GINLOG , 2018 AllRights Reserved.